国大Qゼミが運営する情報サイト

中学入試も高校入試も大学入試もみんな佳境を迎えます。
そんなわけでどうしても受験に関する話題が増えてしまうのはお許しください!
今月は三ツ境校の岩見先生からのメールをご紹介します。

 年末に更新、年を越しての掲載となるQゼミWeb通信1月号、1年間ありがとうございました。そしてまた新年もよろしくお願いします。

今月紹介するのは2つのメールです。お互いに反対のことを言っているようですが、核にあるのは共通しています。「入試に成功して欲しい」という気持ちです。どちらのメールに共感するかはお任せしますが、いずれにしても2016年もQゼミとともにがんばっていきましょう!



 今回は高校受験の中3生(のご父母)に向けたメールをベストメールとしてご紹介しますが、内容は中学受験の小6生(のご父母)にもぜひお伝えしたいです。

 10月に入ってもしばらくは汗ばむほどに暖かい日がありましたが、下旬を迎え、ようやく秋らしさが感じられるようになりましたね。コオロギやキリギリスの鳴き声が聞こえてきます。でも知っていましたか?平安時代までは、コオロギのことをキリギリスと呼び、キリギリスのことをコオロギと呼んでいたらしいです。さらに奈良時代までさかのぼると秋に鳴く虫はみんなコオロギって呼んでいたらしいです。お年寄りが、電車も新幹線もディーゼル機関車もみんなまとめて「汽車」と呼んでしまうのと似た感覚でしょうか。
 さて、それはそうと今月の校舎Bestメールです。

過ぎてしまえばあっという間の夏休み、そして夏期講習。
この夏の努力が実を結ぶのは、秋、そして冬です。頑張った人は期待しましょう!
ということで今月のベストメールは時間についてのお話です。

夏期講習が始まりました。
各校舎からお届けしているメール、今月は次のようなメッセージがご家庭に発信されていました。
 ①体調管理をしっかりと
  →朝型・規則正しい生活。つまり夏休みだからってゆっくり寝たりしないこと!
 ②計画的な学習を心がけよう
  →計画で終わらないように。実行を!そして宿題は早めに!
 ③自習室の積極的な利用
  →朝から夜までQゼミが使えるよ!
どれもあたりまえのことですが、それをあたりまえにやることがとても大切ですね。

さて、その中のベストメール、今回は二俣川校・佐藤先生のメッセージをご紹介します。

 局地的豪雨に驚く今年の梅雨空ですが、勉強は局地的ではなく、じんわり長々と本来の梅雨のように継続していきたいものですね。
 さて、今月のベストメールは名言シリーズと言ってもよさそうな、北山田校、上野先生からのメールです。

 今月のベストメールは現在、北山田校にて英語、国語の文系科目を中心に指導している栗原先生のメールを取りあげました。目標を立てて、実行することの例を語ってくれています。

 新生活が始まったと思うと、連休。うれしい反面、でき上がりつつあった生活のペースがここで少し乱れてしまうかもしれません。休みだからとゆっくり寝てないで、いつも通り起床してみてはどうでしょうか。
 さて、今月ご紹介する校舎メールは北山田校の上野先生からのメッセージです。

 新学年を迎えた中学生それぞれの学年に向けたメッセージが書かれた校舎メールを今月のBestメールとして紹介します。

 中学入試も公立一貫校入試も高校入試も終わりました。
あとは大学入試がいくつか残っていますが、たいていの人の気分的には、「春」到来 でしょうか。
大雪もふればぽかぽか陽気もあり、少しずつ春に向かっているのは確実ですね。
こういうとき、「○寒○温」という四字熟語を思い出しますね。
「□寒□熱」ではありませんよ。
さて、○と□に入る漢字は?

今月のBestメールは、目から小さ~なウロコが落ちそうな内容です。

 いよいよ入試直前!!! 泣いても笑っても…という校舎メールがこの時期は多いもの。「笑顔」の結果になるように、残りの時間がんばってください、受験生!
 そして今回ご紹介するのは、受験学年以外のみなさんへ向けたメールです。

 Web通信本編でも中3合宿レポートがありましたが、こちらのコーナーでも合宿に関係したスタッフのメールをご紹介します。

 読んで納得。確かに。たしかに。
 二俣川校の保護者様に限らず、みなさんにお伝えした方がよいと思う、さりげない情報として、今回はこちらのメールを選びました。

 秋刀魚がようやく安くなってきました!
 志の方は高いままで突き進みたいですね。
 今月のBESTメールは、受験生のみならず生徒の多くが陥りがちな点について書かれたメールをご紹介
 します。

志は高く、秋刀魚は安く、そうありたいものです。
さて、今月は秋にちなんだ校舎メールが多く、その中でもシンプルかつ印象的なものを1つ、ご紹介します。

夏期講習が終わり、秋の「折り返し地点」を迎えました。
これからの学習について、特に受験の小学生に向けてのワンポイントアドバイスが書かれたメールが今回のベストメールです。
都筑校以外のゼミ生、ご父母にもぜひ、お届けしたいと思いました。

今月は3回目の登場、大船校・川崎校の教室長、上野先生のメールを紹介します。
本の話題ですが、本の話題だけではないところが、「なるほど」と思わせるポイントになっています。

日々の校舎の様子を報告したり、勉強のコツについてお話したり、はたまた受験情報を お知らせしたり、というのが校舎メールの主な内容になります。 今月のベストメールは、北山田校で授業をしています松木基先生です。 松木先生が日頃からどういう思いで生徒さんと接しているかが垣間見える文章になっています。

3月にQゼミではいくつかの校舎でスタッフ異動がありました。 新しい顔ぶれでさらにパワーアップしていきます。 その中の1校、 三ツ境校の新教室長のメッセージを今月は紹介します。

今月は市ヶ尾校教室長の石渡先生のメールをBestメールとしてご紹介します。
上位校の実績報告だけでなく、最後のちょっとした生徒エピソードがBestの理由です。

いよいよ2月、入試シーズン到来!今回のは入試に向けての大事な心がけが書かれている冨田先生のメールをご紹介します。 「最後まで」きちんと読んでくださいね。

今月のベストメールは、この連載の第1回でも登場した、大船校の上野教室長です。 この時期ならではの内容ですが、Qゼミの受験生すべてに宛てたメッセージと思っていただければ幸いです。

11月のベストメールはセンター南校教室長の荒木先生に決まりました。 何はともあれご覧ください。

先月に続き、みなさんに質問です。
毎月ご父母の携帯アドレス宛に「校舎メール」なるものをお送りしていますが、ご覧いただいていますか?
はい、という方が多いことを期待しつつ、今月もベストメールをご紹介いたします。
第2回は市ヶ尾校、佐鹿先生です。



受験生だけでなく、どんな生徒にも、ちょっと勇気が出るメールではないでしょうか。

Qゼミの各校舎から、毎月ご父母の携帯アドレス宛に「校舎メール」なるものをお送りしていますが、ご覧いただいていますか?
今月からQゼミWeb通信で、毎月のベストメールをご紹介していこうと思います。
第1回は大船校、上野先生です。



主に小学生に向けられた文章と思われるかもしれませんが、中学生にも十分にあてはまりますね。