国大Qゼミが運営する情報サイト

理英会アドバンスコース チャレペーに挑戦



解答・解説はこちら

解説




















理英会アドバンスコース チャレペーに挑戦



解答・解説はこちら

解説
















理英会アドバンスコース チャレペーに挑戦



解答・解説はこちら

解説
①まずは、黒の「6」から見つけていきましょう。
 I、J、Kには「4」以下の数しか入りません。
 Eに入れると「6」より大きい数の白が残りカードにありません。
 なので、入れるのは「O」となります。





②「O」が分かると、次に分かるのは 「P」ですね。
 残りカードの中で、黒の6よりも大きい白は「7」しかありません。
 よって、Pは「7」となります。





③①と同じ理由で、次に分かるのは「M」です。
 よって、残りカードの中で、一番大きい数の「5」が入ります。





④さて、次に分かるのは・・・もちろん「N」ですね。
 黒の5と6にはさまれている白は「5」しかありません。
 よって、Nは「5」となります。





⑤残りカードを見てみましょう。
 白は3枚しか残っていませんので、F、G、H、に「1」「2」「3」と入れればOKです。





⑥後もう少しですよ。
 次に見るべきは「E」です。
 白の1よりも小さい数は黒の「1」しかありません。
 よって、Eは「1」となります。





⑦最後は、黒の「2」「3」「4」を I、J、Kに順番に入れればOKです。





解答
これで出来上がりです!!
どうでしたか?
また次回をお楽しみに!


理英会アドバンスコース チャレペーに挑戦



解答・解説はこちら

解説
「赤矢印のように、斜めに進むことはできません。かならず青矢印のように上下左右に進んでください」


「赤矢印のように、黒→白→黒→白・・・と続けて進めなくなったらアウトです」


「同じマスは2度は通れないので、それぞれこの先には進めません」


解答
「これが正しい進み方です。みなさんはできましたか?これとは違う道でたどり着いた!という人は、もう一度よーく見直してください。どこかできっと間違いがありますよ」


理英会アドバンスコース チャレペーに挑戦



解答・解説はこちら

解説と解答
1)まずは定石である角『3』と外周の『5』から線を引いてしまいましょう。
  この時点で、赤い円で囲まれている『3』『5』以外で、右上の『2』は自動的に完成です。
  解決した数字にはチェックマーク(レ)をつけます。


2)次に注目するのは赤い円で囲まれた『2』と『4』です。数字の大きなものから優先して考える
  とよいですので、②と④でしたらまずは④を片付けましょう。左辺にあるタテ2つの④は、先に
  下の④を考えるとよいです。線はクロスできないので、図のようになり、上の④から右下の⑥に
  は自動的に線が引けなくなることがわかります。右辺の④もクロスできないので図のように



3)最後に下の図で赤い円で囲まれた『6』ですが、上記のように②に線を引きたくても、すでに②には
  線が2本出ていますので、これ以上結べません。



4)これで完成です!いかがでしたか?次回の問題も是非チャレンジしてみてください!



理英会アドバンスコース チャレペーに挑戦



解答・解説はこちら

解説と解答

①条件の図から、上記の図が頭の中で展開出来ましたか?
 これで準備万端です。後は1個ずつ転がしていきましょう。
②次は黄色になっている『6』が倒れるので、下の図のようになります。

③次に、黄色の部分の『4』が右に倒れるので下の図のようになります。

④最後に、Aに倒れこむのは黄色の『1』です。
 なので、この時に『1』と対になって上に面している数字は『6』になります。
 小さな子どもたちは、形を覚えてしまって、よく見て触った後に、これが空間的に頭の中で捉えら
 れるようになります。


理英会アドバンスコース チャレペーに挑戦



解答・解説はこちら

解説と解答

①まずは時計回りに1個マスを空けて色が塗られています。
②次に、今塗ったマスをスタート地点にして2個マスを空けて次が塗られています。

③さきほど②で塗ったマスをスタート地点にして、3個マスを空けて次が塗られています。
もうお分かりですね。次は4個マスを空けて塗ればいいので・・・


こうなりますね。皆さん出来ましたでしょうか。
次回の問題にもぜひ挑戦してみてください!









理英会アドバンスコース チャレペーに挑戦



解答・解説はこちら

解説と解答


持っている情報から、発想の転換がいかに出来るかが重要です。
(い)の図から、問題の(あ)の■の部分が●4個と置き換えることができ、上の(あ)’ 図のようになります。
▲3個で●6個と同じということは、▲1個は●2個と同じになります。
なので、答えは2個になります。
いかがでしたでしょうか?皆さんは『ピンッ!』ときましたか?
また次の問題にもぜひ挑戦してみてください!






理英会アドバンスコース チャレペーに挑戦



《アルゴのルールを確認しておきましょう》
①カードは左から小さい順に並べてあります。
②白黒同じ数字の場合は、黒が先(左)に並べてあります。

解答・解説はこちら

解説と解答




①基本のおさらいをしておきましょう。
まずは、黒・白それぞれ何番のカードがないのかをシートの端に書いておくとわかりやすいでしょう。
黒:1・2・3・6
白:1・4・5・6です。
一番最初に分かりやすいのはFのカードです。黒のカードで一番大きい数は、『6』しかありませんので、F=[6]です。



②次に、Gの『5』に注目です。
白のカードで、黒『5』よりも大きいカードは、『5』と『6』しかありませんので、H=[5]/I=[6]となります。



③ココまでくると、白の残り(KとL)が分かると思います。残りは『1』・『4』なので、左から小さい順に入れていきましょう。そうすると、上の図のようにK=[1]/L=[4]となります。



④次に黒を詰めていきましょう。
黒のカードでまず見るところはJのカードです。すぐ右に白の『1』があるので、これよりも小さい数になりますが、白1よりも小さいのは『1』しかありません。なので、J=[1]となります。




⑤後は、残ったカード『2』と『3』を、左から小さい順にD/Eに入れてあげましょう。
そうすると、D=[2]/E=[3]となり、全てのカードが詰められて完成です!








理英会アドバンスコース チャレペーに挑戦


解答・解説はこちら

解答・解説


まずは最初から流れを見てみましょう。


まず、ココの黒三角に注目です。注目三角以外は白ですね。


次にその三角が反時計回りに1個移動して、色が白に変わっていますね。 周りの三角形の色は黒に変化しています。



その次も、また反時計回りに1個移動して色が変わっています。周りの色も同様です。



また反時計回りに1個移動し、色が変わっています。 そろそろ法則に気がつきましたか?






理英会アドバンスコース チャレペーに挑戦


解答・解説はこちら

解答・解説



①ナンバーリンクを解く上で、まずは覚えておきたい定石があります。
それが、上の図で赤丸で囲まれている、角の『3』と外側の『5』です。
角にある『3』からは、3本しか線は引けません。また、端にある(角以外)『5』からは5本しか線が引けません。また『3』と『5』の間の『2』が自動的に完成します。




②次は赤丸で囲まれている『4』に注目。ここから線を4本、クロスしないように引こうとすると、上の図のように引くしかありません。これで2つの『4』が完成です。
※図中のチェックマークは完成したことを表しています。





③次は赤丸で囲まれている『3』と『7』です。この2つもクロスさせないようにと考えると、上の図のようにしか引けません。これで『3』と『7』の完成です。この時点で赤丸『7』の上の『4』も自動的に完成しました。





④最後に右側の『7』から、②と③でやったのと同じように、クロスさせないようにと考えて線を引くと、上の図のようになります。ここで『7』の右と下の『2』、右下の『1』が確定、『7』の上の『4』も確定しますので、これで全て完成!です。
いかがですか?順番は一つの例です。定石である角の『3』、外の『5』、覚えておくとよいですね。








理英会アドバンスコース チャレペーに挑戦


解答・解説はこちら

解答・解説

まず分かりやすいのは、向かって右側の列の箱ですね。
これは全ての箱の側面が見えているので、6個だと分かります。




次に真ん中の列の箱を見てみましょう。
実際に見えているのは2個ですが、上の箱を支えるために、その下に1個箱が隠れています。
この見えていない箱が頭の中で描けましたか?




最後に左側の列の箱です。真ん中の列と同じで、隠れている箱があります。
下の図のように、一番奥の下2個と、真ん中の下1個が隠れています。





というわけで、全部で箱は16個になります。