国大Qゼミが運営する情報サイト

とっておきのラインナップの1冊を紹介します!

今回の絵本

くわずにょうぼう

谷真介/作 赤坂三好/絵
1,153円 2009年初版


テーマ

行事のゆらい


読後感

ドキドキする


絵のタッチ

版画、線が太い


あらすじ

 ご飯を食べなくて、よく働くおよめさんが七べえさんのところにやって来てくれて喜んでいました。ところがお米がたくさん減っていることを不思議に思った七べえさんは、こっそりおよめさんの食事の様子をのぞき見てしまいます。 なんと、およめさんは頭にもうひとつ口がある「やまんば」でおにぎりを50個も作って食べていたのでした。


本文から

 正体がやまんばと知れると、七べえさんを取って食べようとしました。ところが、しょうぶの茂みにかくれた七べえさんをつかまえようとして、やまんばはしょうぶのとがったはっぱが目にあたり、目が見えなくなります。七べえさんは難を逃れることができたのでした。 それから、やまんばにおそわれないように「こどもの日」にしょうぶ湯につかるようになったそうです。