国大Qゼミが運営する情報サイト

模試が新しくなります!



4/14(土)に新中1生に向けて「中1勉強法体験会」が実施されました。
全校舎で約90名の中1生が参加し、これから始まる中学校の勉強で困ることのないように、勉強のコツについて学びました。


まずは中学生としての心がまえを伝授



その1 理科:レポートの考察

理科実験の【考察】はこうまとめよう!

中学校の理科では授業内で実験などがあり、その度にレポートの提出をする学校がほとんどです。感想や気づきを書ける子は多いですが「考察」を書けない子は多いです。
理由は「考察って何?」という子が多いからです。ということで考察に関してのレクチャーをしました。自分の意見等、考える力が必要ですので、「信号機の緑をなぜ青と呼ぶのか」
「横浜市ではなぜ給食がないのか」等について考えてもらいました。
最初は時間がかかっていましたが、3問ほどやってみると、最後はほとんどの子が10分以内に書き終わるようになりました!



その2 暗記の達人講座

全科目において暗記のない科目はありませんよね。暗記の難しいところは好きな科目は覚えるのが早く苦手な科目は覚えるのに時間がかかるということです。
1年生のうちに知っておきたいことは科目ごとに暗記方法には違いがあるということ!
書いて覚える科目もあれば見て覚える科目もあり、暗記の方法も人ぞれぞれ異なりますので1年のうちに私はこの科目は「こうすれば暗記できる」という方法を身につけて欲しいと思います。
今回の講座では単語カードを使って暗記の仕方を学びました。
英語では表に単語を書く、裏には意味と発音を書くなどツールの作り方、社会だと表に年号、裏には出来事など、科目ごとに記載の仕方に工夫が必要ということをお伝えしました。
制限時間内に作った単語帳でどれくらい覚えられるかにチャレンジもしてテストまで実施しました。満点を取れる子もいれば中々覚えきれない子もいましたが、子ども達にとっては学習方法の幅が広がったように思います。


暗記ものの攻略法【暗記の達人】



その3 技能科目攻略法

次はいよいよ「Qゼミ9科目対応」の力が発揮される授業です。
技能科目にも、もちろん定期テストで筆記試験があります。実技だけでは成績はとれません。しかし、Qゼミには技能科目の筆記試験対策の冊子「攻略問題集」があります。
今回は技能科目の攻略問題集に加え、QゼミのWeb授業システム「スマスタ」を使用しての技能科目の対策授業が行われました。まだ、スマスタ自体を使い慣れていない子も多かったですが、この授業で技能科目の勉強方法に加えてスマスタの使い方も学べたと思います。授業後に12色の色相環図を言えるようになった子もいましたね。
最後に暗記ツールのプレゼントもありました。単語帳やチェックペンなど暗記する為に上手く使ってくれるといいですね。
小学生と中学生では勉強法もそうですが、時間の使い方が非常に大切になります。今回の体験会を通して少しでも勉強のやり方等を学んでくれればと思います。


まずは中間テストに向けて、がんばります!